マナビDX

情報科学・データサイエンス・AI履修証明プログラム

提供事業者
学校法人法政大学
カテゴリ
■Why(DXの背景)
 ・社会の変化
 ・顧客価値の変化
 ・競争環境の変化
■What(DXで活用されるデータ・技術)
 ・社会におけるデータ
 ・データを読む・説明する
 ・データを扱う
 ・データによって判断する
 ・AI
 ・ハードウェア・ソフトウェア
 ・ネットワーク
■How(データ・技術の活用)
 ・データ・デジタル技術の活用事例
 ・ツール活用
講座レベル
リテラシー
講座概要
情報科学技術の発展に資する情報科学・データサイエンス・AIに特化した履修証明プログラムを開講します。
修得した単位は本学修士課程に進学後、最大14 単位まで認定することが可能です。
授業は忙しい社会人でも参加できるように、ハイフレックス授業(オンライン・対面)や、夕方開講の授業を多く提供しています。
少人数制で集中できる授業形態も、大学院授業の魅力の一つです。
学習できる
デジタルスキル・知識
「数理・データサイエンス・AI」の基礎知識や、実課題をAIで発見・解決する課題解決型AI人材(エキスパート人材)の育成、新たな社会を創造していくために必要な力を身に着けることができます。
デジタルスキルに関する標準等への対応
全てのビジネスパーソン対象:DXリテラシー標準
講座の受講料
有償
修了証発行の有無
あり(紙媒体、画像/PDF等の両方)
対応する試験・検定・資格
特になし
受講対象者
理工系学部卒業程度の学力を有する方
必要な前提知識
理工系学部卒業程度の学力
講座の受講体制
(オンライン制・通学制)
通学制(一部オンラインを含む)
ハイフレックス(対面・オンライン)授業を実施しています。対面で出席される場合は、法政大学小金井キャンパスで出席いただきます。
標準受講時間
130時間
国の指定・認定制度の該当
教育訓練給付制度・人材開発支援助成金(厚生労働省)
社内研修での利用可否
条件付で可能(大勢でご参加いただく場合のみ、教室の収容人員の問題で、事前にご相談いただけると幸いです。)
サイト
こちら

ページの先頭へ