マナビDX

いますぐはじめる観光のデジタル化

提供事業者
グーグル合同会社
カテゴリ
■Why(DXの背景)
 ・社会の変化
 ・顧客価値の変化
 ・競争環境の変化
■What(DXで活用されるデータ・技術)
 ・社会におけるデータ
■How(データ・技術の活用)
 ・データ・デジタル技術の活用事例
 ・ツール活用
■マインド・スタンス
 ・顧客・ユーザーへの共感
 ・常識にとらわれない発想
 ・反復的なアプローチ
 ・変化への適応
講座レベル
リテラシー
コース概要
国内外問わず、観光客の情報収集手段はデジタルが大きな割合を占めています。にも関わらず、日本の観光業においてはまだデジタルが十分に活用されていないのが現状です。
この講座では、「観光客と円滑なコミュニケーションをとろう」「観光客に自社のビジネスをオンラインでアピールしよう」という二つの視点で活用できるデジタル施策について学びます。無料のデジタルツールを活用し、言葉が通じなかったりローカル情報に詳しくなくても観光案内ができるようになること、また、自身のビジネスをインターネット上に掲載し、新たなお客様を獲得することを目指します。デジタルに馴染みがない方でもすぐに取り組めるよう、ステップを追ってご紹介します。
習得できるスキル
デジタルツールを使った外国人観光客との円滑なコミュニケーションの方法を知る
国内外の観光客に道案内をしたり、おすすめの場所を教えたりとスムーズに観光案内する
インターネット上でビジネスをアピールする方法を知る
受講対象者
国内外の観光客へデジタルツールを使ってスムーズに観光案内したい方
言語の違う海外の観光客ともスムーズにコミュニケーションが取りたい方
国内外の観光客が利用してくれるよう、自身のビジネスをオンラインでアピールしたい事業者
宿泊業・カフェ・レストラン等店舗型ビジネスなどの観光関連事業に関わる方
中小企業オーナーまたは(デジタル)マーケティング担当者
ホテルの受付や従業員、観光インフォメーションセンター、レストランの店員など、観光事業における接客を担当する従業員
前提知識
なし
標準受講時間
約1時間
無償提供期間
期限なし
サイト
こちら

ページの先頭へ