マナビDX

ワークマネジメントとは何か 〜仕事の解剖学2021 データの理解からワークマネジメントへ〜

提供事業者
Asana Japan株式会社
カテゴリ
■Why(DXの背景)
 ・社会の変化
 ・顧客価値の変化
 ・競争環境の変化
■What(DXで活用されるデータ・技術)
 ・社会におけるデータ
 ・データを読む・説明する
 ・クラウド
■マインド・スタンス
 ・常識にとらわれない発想
 ・コラボレーション
 ・柔軟な意思決定
 ・事実に基づく判断
講座レベル
リテラシー
コース概要
「仕事の解剖学」2021を冒頭に、現在の職場がどのように変化しているのか、世界と日本をデータで比較し日本の生産性性低下の要因分析を報告しています。ワークライフバランスという表現は日本でも一般的になりつつあるかと思いますが、働き方の提言が前半に、後半は効率化を実現するためのワークマネジメントソリューションについての理解が出来る内容になっています。
習得できるスキル
多様な働き方(在宅型、出勤型、時差型、移動中など)が要求される現在社会における事実のデータと、改善できる効率的なIT Toolとしてのワークマネジメントソリューションの基本的理解
受講対象者
すべての人(特に 仕事の効率化を考える立場の方や現状に課題意識のある方、現状を改善し会社にも従業員にもその家族にも感謝されるような働き方を望んでいる人)
前提知識
特に前提知識は不要ですが、パソコンもしくはスマートフォンやタブレットを使って仕事をした経験があり、仕事の仕方についてや効率化に関して、悩みや課題を考えた事がある人
標準受講時間
45分~80分
無償提供期間
~2022/8/21
サイト
こちら

ページの先頭へ