マナビDX

ジーズアカデミーTOKYO LABコース

実施者
デジタルハリウッド株式会社
講座名称
ジーズアカデミーTOKYO LABコース
認定番号
42901-1001
認定期間
 2018/4 ~ 2024/3
実施方法
平日昼間、土日、eラーニング
入学定員
 50 名
訓練期間
 6ヶ月 
訓練時間
 408 時間
開講月
4月/10月
受講経費
入学料  110,000円
受講料  660,000円
合計  770,000円
教育訓練給付指定
有り/指定番号 48192-181001-7
指定期間
 2018/4 ~ 2024/3
対象分野
クラウド、IoT、サービス企画
講座の教育内容
HTML/CSS、UI/UX、JavaScript、ComputerScience/アルゴリズム、PHP、Github/チーム開発、Vue.js、Laravel, VR/MR(Unity)、Swift/AR、オリジナルWebサービス開発
目標とするレベル
 □当該教育訓練が対象とする技術や手法等を活用して、業務上の課題の発見と解決をリードするとともに、後進育成にも貢献できるレベル
 ■当該教育訓練が対象とする技術や手法等を活用して、新規ビジネスやサービス等の創出が可能であるほか、後進育成にも貢献できるレベル
具体的な到達目標
・開発現場で利用される最新のWebテクノロジーを集中的に学び、サービス顧客価値の実現のために最適なデジタルテクノロジーを組み合わせてアイデアを構想できる。
・最新のデジタルデバイスを活用したイノベーションアイテムおよびその適用方式を設計できる
・実装に必要な技術力を保有する技術者とのコラボレーションが図れる
・実際に提供するデジタルテクノロジー製品やサービスのプロトタイプを企画からデプロイまで全てできる
習得できるスキル
フロントエンド・サーバーサイドのプログラミングを学び、アプリケーションを自ら構築することで、Webプログラミングの全体像を体得。その際にはDocker/GitHub等の開発ツールや、クラウドサーバーなどインフラ開発環境の構築も自らできる技術を合わせて習得。React.js/Vue.js/Laravel/Swift/Goなど最新の開発テクノロジーを学び、プロダクトに取り入れる。また、Python/Machine-learning/Deep-learning/などのAI関連技術、BlockChainやVRなども学習し、自らの開発するプロダクトに取り入れることができる。
講座の理解・習得のために推奨される実務経験
特になし
講座の理解・習得のために
推奨される知識・技術
基礎的なPCスキル、明確なプロダクト開発イメージ
技術・知識の到達度の把握・測定方法
6ヶ月間のオリジナルアプリケーション開発
修了認定の判断基準
・前半で80%以上の出席率、全課題(8個)の提出が無い場合、退学措置もある。
・卒業制作アプリケーション(企画書に沿い、動作確認ができるもの)の提出
修了認定基準に満たない
受講者への措置
退学措置
社会人が受講しやすい工夫
オリジナルのEラーニング教材を受講可能。通学制に加え、オンラインでの受講も可能。講義の録画もあり、復習などへの活用も可能。通学でもオンライン受講でも双方向のコミュニケーションをとりながら受ける講義スタイル
受講者に対する
サポート体制
・企画相談にのるメンターがマンツーマン対応
・授業時にはサポートをするチューターが駐在
・コミュニケーションツールを活用した24時間質問OKの支援体制あり
・24時間オープンの自習施設
教育訓練施設所在地
東京都渋谷区神宮前6-35-3 JUNCTION harajuku 011
ホームページ
こちら

ページの先頭へ