マナビDX

JDLA「E資格」向け認定プログラム

実施者
株式会社zero to one
講座名称
JDLA「E資格」認定プログラム
認定番号
50206-1105
認定期間
 2020/10 ~ 2023/9
実施方法
eラーニング
入学定員
 1,000 名
訓練期間
 150 日間
訓練時間
 80 時間
開講月
4月、10月
受講経費
入学料  0円
受講料  165,000円
合計  165,000円
教育訓練給付指定
有り/指定番号 48254-202001-0
指定期間
 2020/10 ~ 2023/9
対象分野
AI
講座の教育内容
「機械学習オンライン」、「ディープラーニングオンライン」を順番に提供、「E資格」受験資格を付与するJDLA認定プログラム
目標とするレベル
 ■当該教育訓練が対象とする技術や手法等を活用して、業務上の課題の発見と解決をリードするとともに、後進育成にも貢献できるレベル
 □当該教育訓練が対象とする技術や手法等を活用して、新規ビジネスやサービス等の創出が可能であるほか、後進育成にも貢献できるレベル
具体的な到達目標
・機械学習、ディープラーニングについての基礎知識を理解し、その活用の具体策を社内で検討することができる
・プログラミング言語(Python)を用いた機械学習、ディープラーニングの実践スキルを身につける
・ライブラリ(Tensoflow)を用いて、ディープラーニングの実装ができる
・AI分野の最新動向や技術進歩に対して、それを理解・活用する基盤知識・スキルを身につける
・ディープラーニングを中心にAIを用いてビッグデータをどう活用できるのか、理解・実践することができる
習得できるスキル
・機械学習、ディープラーニングを用いてビッグデータを分析・活用することができる
・AIの高度なフレームワークについてその仕組みを理解し、ビジネスのニーズに応じて選択・活用することができる
・AIを用いたプロジェクトについて、ビジネスサイドとともに企画・推進することができる
・AIを専門に扱う外部ベンダーに対して、適切に業務指示を行い、プロジェクトを管理することができる
・チーム、部署の技術者に対して、ディープラーニングについての助言・育成ができる
講座の理解・習得のために推奨される実務経験
実務におけるプログラミングの経験
データを用いた業務の経験
講座の理解・習得のために
推奨される知識・技術
数学知識(微分積分、確率統計、行列)必須
Pythonによるプログラミングの基礎知識必須
技術・知識の到達度の把握・測定方法
クラウド型演習問題の修了率(各章、各設問ごとに把握が可能)
ビデオ教材の視聴率(各ビデオごとに把握が可能)
修了認定の判断基準
演習問題の課題を全15章、全て期間内に修了しているかどうかを教育訓練実施責任者が確認。さらに、受講ログをシステム担当者が確認の上、不正がないかの確証を得て、修了証を発行(JDLAの認定基準に準じる)。
修了認定基準に満たない
受講者への措置
学習内容に準じて、期間延長により対応。学習サポートを継続し、修了を目指すが、最長期間(6ヶ月)を経ても修了しない場合は、基本的に修了の認定を行わない。
社会人が受講しやすい工夫
・ビデオ講座とクラウド型演習システムを自社開発。いつでもどこでも受講可能な完全オンラインを実現。
・聴覚障害者の受講を可能にすべく、全てのビデオ講座について字幕を完備。バリアフリー受講を実現。
受講者に対する
サポート体制
ヒントの提示、質問対応、テクニカルサポートなど、双方向型のサポートを実施。「通知」機能にて定期的にリマインドを行なったり、「受講履歴」機能にて受講生自らの進捗確認を可能にするなど、システム面で受講生の自発的な学習を支援。
教育訓練施設所在地
東京都港区
ホームページ
こちら

ページの先頭へ