Excelから始まるDXへの一歩 ~分析編~

upload/contents/00200-000003.png

講座情報

講座説明

本講座は、法人契約のみを対象としております。

◆講座内容
 実務でよく使う統計手法やExcelを用いた分析の手法について解説しております。
 統計の基本はもちろんのこと、ピボットテーブルから、回帰分析まで即実務に活かせる内容となっております。

◆カリキュラム
 1. エクセルを使用した分析について:エクセルでデータ分析を行う理由や統計学の基本的な用語
 2. データの絞り込みの方法:フィルタの機能や使用方法、フィルタを使用したデータ絞り込みの方法
 3. ピボットテーブルの使い方:ピボットテーブル設定の方法や使い方の基本、ピボットテーブルを使用したグラフの作成・フィルター・スライサー
 4. 基本統計量と用語について:基本統計量・代表値・標準偏差・折れ線グラフ・標準偏差と変動係数
 5. グラフや図を用いた分析手法:ヒストグラム・箱ひげ図・相関・回帰分析・t検定の基礎
 6. 実務を想定して重回帰分析をやってみよう:重回帰分析による変動要因を考慮した店舗の売上算出

◆講師紹介
 ロボフィス株式会社 RPAエンジニア 宇井瞭太郎(うい りょうたろう)
 大学ではC言語を専攻。業務改善コンサルタントとして様々なプロジェクトに従事。
 RPAを導入した新規事業を立ち上げ、営業部署への業務改善における作業効率500%をたたき出すことに成功する。
 Excel、python、その他RPAツールなどの幅広い導入実績を持つ現役エンジニア。

◆受講方法 
 受講には「gacco for Biz」(※有料)のご契約が必要となります。
 詳しくはこちら(https://gacco.co.jp/service/biz/)をご参照ください。

受講料・時間、その他

受講料 有料
標準学習時間 1時間51分
修了証発行 あり
受講形態 完全オンライン制
団体申込み

あり

法人請求

あり

受講対象者

・統計手法を考慮しながら分析を行いたい方
・実務でExcelを用いてデータ分析を行いたい方

学習できるデジタルスキル・知識

・実務でよく使う統計手法やExcelを用いた分析の手法
・統計の基本
・ピボットテーブル
・回帰分析

必要となる前提知識

特になし