DXの基礎知識・活用スキルが身につく「DXリテラシー研修」

upload/contents/00003-000010.png

講座情報

講座説明

<講座の目的>
本研修が定義するDX「デジタルを活用して圧倒的な顧客体験を提供し事業成長を実現する」を達成するために必要なリテラシーを網羅的に学びます。

<プログラムの内容、流れ>
【ステップ1】DXリテラシーに関するテストを受験し、自分の知識レベルを確認
【ステップ2】講義動画を視聴
【ステップ3】ワークシートを記入し、提出
【ステップ4】DXリテラシーに関するテストを再受験し、知識の定着を確認

<講師について>
メイン講師:横堀 将史
2011年学習院大学卒業。新卒から一貫してSales&Marketingの領域に従事。 第一生命、リクルートを経て、スポーツヘルスケアスタートアップ企業のSaaS事業責任者として、事業と組織の立ち上げからグロースを担当。 その後Kaizen PlatformではIPO前後に在籍し、各大手企業中心に約30社のDXのコンサルティングやPJT推進、UX改善を支援。

受講料・時間、その他

受講料 有料
標準学習時間 11時間
修了証発行 あり
受講形態 完全オンライン制
団体申込み

あり

10名以上の団体お申込みが可能です。

法人請求

あり

WEB申し込みフォームで法人区分を選択、あるいは法人団体受講

受講対象者

・全てのビジネスパーソン
・DX/IT推進チーム・情報システム部門に所属している方

学習できるデジタルスキル・知識

DXの推進に関わるすべてのビジネスパーソンが習得すべきリテラシーやスキルを動画講義とワークシートで学ぶことができます。
【第1章:DX概論】では、DXの定義や事例、取り組むべき理由などについて学びます。
【第2章:顧客体験】では、DX推進における顧客体験の重要性を事例をベースに学びます。
【第3章:デジタル技術】では、AI、クラウド、電子契約、AI-OCRなど、DX推進で活用されるデジタル技術の代表例について学びます。
【第4章:データ利活用】では、データ活用の重要性や利用時に注意すべきセキュリティなどについて学びます。
【第5章:業務フロー】では、DX推進のメインテーマの一つである業務フロー変革を考える際に基本となるリテラシーを学びます。

必要となる前提知識

前提知識は必要ありません。